在学生・先輩からのメッセージ

Q1. 在校時の研究と現在の仕事の関連や相違を教えてください。

在校時と現在で対象としている課題や技術に大きな違いはありません。一方で、現在はビジネス視点での考え方を強く意識するようになりました。

Q2. 北海道大学で(博士あるいは修士の)学位をとってよかったとおもうことは?

一番は先生や学生など周りの方々と切磋琢磨しながら学業に専念できたことです。また北海道は食べ物も美味しく、都会と自然の両方がすぐ近くにある環境も大変魅力的でした。

Q3. (博士あるいは修士の)学位をとっておいてよかったとおもうことは?

就職すると在校時ほど自由に時間を使うことができなくなります。そのため、在校中に、自分の時間を自由に使って自分のやりたいことに取り組めたことは何事にも変えがたい貴重な経験だったと感じています。

Q4. これからどんなことをしてみたいですか?

短期的な目標は、現在取り組んでいる研究の成果を製品化させ、お客様に提供することです。そういった経験を積み重ね、成長し続けたいです。

Q5. 後輩につたえたいことは?

在学時は興味のあることに取り組める貴重な時間です。北海道の四季折々の食や大自然を楽しみつつ、やりたいことに没頭してもらえればと思います。
大規模知識処理研究室(旧知識メディア研究室)
(2011, 博士修了)
㈱日立製作所 
システムイノベーションセンタ 知能情報研究部
研究員

浅野 優