研究紹介

情報認識学研究室

研究テーマ

妖精が見守ってくれる日常

ますます利口になっていくロボット人工知能と我々はどうやって共生していくのでしょう.一つの答えは,「我々の暮らしを豊かにするための技術」としてそれらを捉えることでしょう.情報技術に見守られながら心穏やかに楽しく暮らしていくための技術を我々のところでは「妖精IT」と呼んでいます.技術が妖精になるには要件がいくつかあります.

1.一つ目AAは「普段は見えないこと」
2.二つ目は「必要なときに出てきてくれること」,そして最後は,
3.「必要な助けを差しのべてくれること」になります.

このような検討はかなり前からあります.初期には「スマートホーム」,最近では「環境知能」,そして現在はIoT(Internet of things)と呼ばれることが多い技術です.スマートホームでは,各種センサーを家中に取り付けて生活を支える技術を開発することを目的とし,環境知能は“見守り”や“サービス”に目的がシフトしています.IoTは個別のモノがインターネットとつながることで広がる新しいセンシング技術を指すと考えていいでしょう.我々の「妖精IT」は環境知能の思想に最も近い一方,生活主体が人であり情報技術がその自然な営みを邪魔しないことを謳っている点が独自性を高めています.
センサーを利用した試みをいくつか紹介します.圧力センサー椅子を使って世界初の「座った人が誰であるかを見分ける装置」を作りました.

image14

 

プライバシーを考慮して,天井に赤外線センサーネットワークを作り,「居住者のいつでもどこでも認証」も行っています.これは独居老人の転倒検出や行動分析などに応用しています.
ソフトウェアとしての研究として,このような個人識別や動作解析に必要となる,高性能・高速な識別子の開発を理論的な観点からおこなっています.十分少ない誤りなら許すことで世界最高速な最近隣識別子などを開発しています.

ちょっと楽しい試みのビデオもどうぞ。これは教授のリクエストに応えて学生有志が数日で作ってくれたものです。

 


【その他の研究】(詳しくは研究室のページ 情報認識学研究室 をご覧ください。)

パターン認識、学習理論、データ・ウェブマイニング、オンライン学習、バンディット問題、センサー応用、画像処理、行動分析、データ表現 

教員紹介

工藤 峰一
工藤 峰一 クドウ ミネイチ
役職
教授
専門分野
パターン認識の基礎と応用、統計的学習理論、環境知能と妖精ICT
趣味
映画、お酒を飲みながらの読書、お酒を飲みながらの研究、テニス

自分を好きでいてください。学部での教育は地力をつけることが目的で、そのため、わかりにくい講義も多いと思います。 学ぶ目的もはっきりせずに辛いと感じるかもしれません。しかし、これらはやがて自分の研究を始めるときに強力な道具になります。 しっかりと手入した道具をいつでも使えるようにすることが技術者としての一生を支えます。時間を惜しまず自分のものにしましょう。 ところで、いざ研究をはじめた時に、やりたいことを見つけられなかったり、人と違う考えを持てなかったら、それこそなんのために苦労したかわかりません。 自分を好きであること、はつまり、自分だけの考えをいとおしく思えること、(特に、にがい)経験を自己の成長につなげられること、 人に伝えることの喜びを知っていることです。「面白いね!」と言われる研究を一緒にしましょう。

中村 篤祥
中村 篤祥 ナカムラ アツヨシ
役職
准教授
専門分野
オンライン学習、ストリングアルゴリズム、ネットワーク分析
趣味
ジョギング、音楽

質問大歓迎です。私自身も小学生の頃、質問魔でした。あなたがわからないことは、隣の人もわかっていません。 講義をする方も質問されて気づくことが多いです。ですから私のためにも質問してください。