研究紹介

先端データ科学研究室

研究テーマ

超大規模環境データの解析

image12

2011年3月に起きた福島第一原子力発電所の事故は,私たちの生活に大きな影響を与えました.放射線は目に見えませんが,無視することができません.事故後,福島県をはじめ,日本各地で様々な観測が実施されています.日本国内に約4000ヵ所のモニタリングポスト・リアルタイム線量計が設置され,10分ごとに空間線量が観測されています.福島県を走る路線バスや公用車にも,観測装置が設置されており,3秒ごとに観測されています.土壌・海域・食物も多様な方法で測定されています.すでに大量なデータが蓄積されていますし,今後とも観測が続けられています.それらのデータには,多くの雑音が含まれており,さらには測定装置の不良も発生します.
そのような大規模で多様なデータから,ホットスポットの発見,除染の効果の評価,さらには今後の予測を実施することは重要な課題です.この難問に,機械学習を含む統計学や,情報科学の技術を総動員して挑戦しています.単純な理論で説明することはできません.実際のデータを丁寧に調べることと,統計学に基づく先端的なデータ解析理論により,有効な手法を開発しています.特に,現場の専門家との密接な協力関係により,社会に貢献できる研究を進めています.

教員紹介

水田 正弘
水田 正弘 ミズタ マサヒロ
役職
教授
専門分野
データ解析、数理統計学、放射線治療の数理モデル
趣味
家庭菜園、数式の美しい変形、プログラミング

大学で勉強できる内容には、すぐに役立つこと、長時間にわたって役立つこと、役に立たないかもしれないことの3つがあると思います。どれも大切ですが、3つ目も捨てがたいです。

南 弘征
南 弘征 ミナミ ヒロユキ
役職
教授
専門分野
計算機統計学、インターネット応用、サイバーセキュリティ
趣味
パソコンの自作、読書(週刊誌・マンガから単行本まで)、ゲーム(レトロPCおよび子供向きDS、限定)

就職予備校のように大学を捉える向きも少なくありませんが、勉強だけしていることを認められるのは学生の時しかないので、 ぜひ、大学にいることと、 そこにある設備はもちろん、われわれ教員のような人的な資源も最大限活用してください。

小宮 由里子
小宮 由里子 コミヤ ユリコ
役職
助教
専門分野
統計科学, 最適化理論
趣味

みなさんと一緒に勉強していきたいと思います。