研究紹介

知識ベース研究室

研究テーマ

複数国のニュース記事の比較

NSContrast

近年,インターネットを利用することにより,様々な国からのニュース記事を読むことができるようになりました.一般に,どのような内容をニュース記事として取り上げるのかというのは,想定される読者の興味を反映すると考えられるので,世界中の記事を比較することにより,想定読者である各国の読者の興味の違いを分析することが可能になります.例えば,世界的な話題として,サミット(先進国首脳会議)が行われた際に,それらに関する記事数の時間的遷移を見ることで,興味の度合いを分析したり,サミットの記事にどのような話題が含まれるのかを比較することで,興味の対象の違いを分析したりすることが可能となります.
我々は,このような興味の違いを分析するために,従来型の重要語抽出の方法に基づく分析に加え,他の国との比較を行うことによって,浮かび上がってくる重要語にも注目した分析方法を提案しています.例えば,サミットの話題として,経済や安全保障に関する話題は,すべての国において,重要な話題と認識されて報道されますが,人権や,地球温暖化といった主要な話題に比べるとマイナーな話題については,各々の国の興味に応じた報道になる可能性が高くなります.本研究室では,データセットの違いを比較することによって浮かび上がってくるような特徴を見出す手法であるコントラスト・セット・マイニングの手法を提案するとともに,ニュース記事を含む様々なデータに対しての応用方法について研究を行っています.

image9

NSContrast-s1NSContrast-s2

ナノ知識探索プロジェクト

nanoinfo
ナノ知識探索プロジェクトは、このようなナノ結晶デバイス開発の研究を行っている北大の量子集積エレクトロニクスセンターとの異分野融合の共同研究プロジェクトである。
ナノ結晶デバイスとは、ナノスケールの結晶構造を用いたデバイスであり、半導体や太陽電池といった様々な分野での応用が期待されている。このナノ結晶デバイスの開発プロセスにおいては、第一原理に基づくような計算だけではなく、主に経験に裏打ちされた多くの試行錯誤が必要とされている。

本プロジェクトでは、ナノ結晶デバイス開発の現状を受け、その開発プロセスに関する情報を整理することによって、ナノ結晶デバイスの開発者への情報提供を行うと共に、その知識化を支援する事を目標としたプロジェクトである。

具体的には、実験記録からのデータマイニングや、関連論文からの実験に関係する情報の自動抽出システムの研究などを行っている。

CorpusExample

教員紹介

原口 誠
原口 誠 ハラグチ マコト
役職
教授
専門分野
グラフマイニング,テキストマイニング,動作解析・動作合成
趣味

世の中の変化や動向に着目すると同時に,そうした時間や空間(居場所)には依存しない,普遍的なことにも注目してください。 普遍的なことも,そのままで使えることは稀で,使えるように加工・解釈して初めて使えるようになります。 加工と解釈の方法論は,自分なりに考えて初めて会得できるものであり,こればかりは教科書には書いてありません。

吉岡 真治
吉岡 真治 ヨシオカ マサハル
役職
准教授
専門分野
情報検索 知識マネージメント 設計支援 ナノインフォマティクス
趣味
スキー、食べ歩き

人間の様々な活動を、関連する情報とその活用という観点から見てみると、今までとは違った見方が出来るようになります。情報理工学で学ぶことで、新しい世界が開けるかも知れません。

大久保 好章
大久保 好章 オオクボ ヨシアキ
役職
助教
専門分野
知識発見・データマイニング
趣味

大学では,高度な新たな知識を教わることはもちろんですが,それ以上に,自分なりの勉強のやり方を身につけることが大切だと思います。 教わることはある意味簡単です。しかし,これから先は様々な場面で,知らないことやわからないことを自らの力で深く理解・吸収することが求められます。 大学はそのための十分な訓練を積む場であると考え,前向きにしっかりと勉強に取り組んで欲しいと思います。